2019年04月12日

成長の証

みなさん、こんばんは

最近、楽器を吹く時の息の量が増えたり

息のスピードが上がったのか

楽器内に溜まる水滴が多くなったんですよね

あっ、これは唾ではありませんからね

楽器の管にあたたかい息が入り管があたたまり、

管の外側が内側よりも冷えているので

内側に水滴がつくのです

窓の結露と同じですね

楽器のベルから中を見ると水が溜まっているのが

分かるのですが、溜まるまでの時間が早いですし

量が多いですね

あとトーンホールから水滴が出てしまうのですが

これは息のスピードが速くなったから

勢いで吹き上がってくるのかなぁと

サックスの構造が分からないと何のことやらと

いう感じだと思いますが

トーンホールから水滴が出てキーにつくと

指が滑ってしまうのですが、これは仕方ないことです

練習中は水滴を拭けますけどライヴでは

気になっても拭くことはできませんから

そのまま演奏しますが、指が滑ると別の音が

出てしまうので注意が必要です

この水滴がトーンホールの周りについたまま乾くと

汚れになるのですが、これもまた以前よりも多くて

自分で楽器を見た時に気になるので

こういう汚れを綺麗にするお手入れも

今までより頻繁にするようになりました

やることが増えるので大変ではありますけど

自分の息を吹き込む量とスピードが上がったからこそ

なので、良い傾向なのかなとは思いますね

こんなことからも自分の多少の成長を感じる今日この頃です





Koto
posted by Koto at 00:08| Comment(0) | Kotoと音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: