2019年04月10日

直せてよかった

みなさん、こんばんは

桜ソングを聴いていますよ

桜の時期なのに冷えこんでいて

あまり春の夜っぽくはないですが

これからすごく寒くなるみたいですから

また冬に逆戻りですね

練習のことを書いたところでつまらないと思いますが

書いてみますね

楽器演奏に必要なトレーニングで顔の

トレーニングもやっていますし

マウスピースの咥え方(アンブシュア)を

これまでと変えて演奏しているからか

普段の顔の感じも以前と少し変わったような気がします

上下に噛む力に頼っての吹き方になっている

自覚がありながらも、これを直すには

音が安定しないなどの大変なことを一度通るので

自分でその音を聴くことになって上手く吹けない

ストレスも感じますし、リハやライヴもあるからと

いつかいつかと思いながら先延ばしにしていました

でも手を痛めた時期に、手をあまり使えないなら

アンブシュア改善の練習はできると思って

取りかかりました

今は噛みすぎずに顎や下唇の内側にかかる

負担が減ったので、大変でしたがちゃんと直せて

よかったと思いますね

こんなちょっとのことでも長く体にしみついたことを

変えるのは大変なので、スポーツ選手がフォームを変えるとか

よくききますが、それはかなりの大変なこと

なのだろうと思います

姿勢とか歩き方とかも正しいものにすれば

体への負担が減って楽になったりもしますよね

私は楽器を構えると体が少し右にねじれるので

逆の左にねじるのが右よりもやりにくいです

左右のアンバランスも直したいなぁ







Koto

posted by Koto at 00:26| Comment(0) | Kotoと音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: