2014年04月29日

江の島への旅 最終回

こんにちは〜

ずっと連休でGW中のみなさん、

そして飛び石連休状態のみなさんも今日は祝日ですから

お休みですよね

GWなんて関係なく連日お仕事だというみなさんは

今頃はお仕事中ですよね

お休みが無い人もある人も、私の旅のブログで

少しでも旅行気分を味わっていただけたら嬉しいです

では今日も江の島の旅の続きを書きましょう

今日は最終回、そして期待通り?の珍道中

旅をおもしろく盛り上げるためなのか、

あなたたちにすんなり旅をさせはしないということなのか

分かりませんが、珍道中の神様が降臨しますからね

そしてそこを乗り切った後には最高のご褒美が待っていました

旅の疲れもピークかもしれませんが、

元気について来て下さいよ〜

では、旅の続きスタートです

新江ノ島水族館の次には江の島の一番てっぺんの真ん中にある

展望台の江の島シーキャンドルに行こうということで、

江の島水族館からでもはっきりと見えている

その江の島シーキャンドルへと向かいました

見えているんだから行けるでしょと

安心しきっていた私たちひらめき

では、向かう様子をツイキャスでご覧下さい

ツイキャスI エスカーに乗って江の島シーキャンドルへ♪

ツイキャスJ ついに珍道中の神様降臨?


とにかく上へ上へということで、階段もあるのですが

私たちはエスカーというエスカレーターを何度も乗り継いで

頂上へと向かいました

DSC_3601.JPG

これ↑がエスカーです

途中で江の島限定と思われるピンバッジや江ノ電の

ガチャガチャを発見したり

一番上まで着いたら社長が食べ物のある方へまっしぐらダッシュ(走り出すさま)

社長がイカげそと小さなタコの串焼きを注文している間に

私と魅那は海を眺めていましたよ

滅多に海がある場所には出かけませんから、

キャーキャーとテンションが上がりっぱなしです

そしてイカげそと小さなタコが焼き上がったので、

魅那が食べているところを私がツイキャスで映していました

そしていよいよお目当ての江の島シーキャンドルへ

すぐそこに見えているので、そこにある道を

行けばいいと思っていました

でもちょっと気がかりなのが、

その道が下の方へくだる道だということ

「ここまで上がって来て下へくだるの?」とツイキャスをしながら

言いつつ、でもそこしか道はないしと3人とも

その道を進みました

すぐそこに見える江の島シーキャンドル

でも、そちらへ近づくどころか遠ざかっているような・・・

せっかくエスカーで上がって来たのに

下に向けて進んでいるし、何か断崖絶壁の海も見えてきたけど

おかしくない?と思った頃には結構歩き進めていたんですよね

とにかく戻ろうということで引き返しましたあせあせ(飛び散る汗)

引き返す時には上り坂なので、私は少々息切れしてました

江の島シーキャンドルのことはネットで調べていて知ったのですが、

展望台なのでとりあえず江の島のてっぺんと覚えておけば

間違いないと思って、詳しい行き方まで調べませんでしたたらーっ(汗)

もし行くことになっても分かるだろう、着けるだろうと

完全に油断していたんです

わぁちゃんと調べていなかった〜とぼやきながら

引き返して先程の道の入り口まで戻って来ました

そこにはサムエル・コッキング苑という植物園があるのです

それもそれで調べて知ってはいたんですけれど、

江の島シーキャンドルはなんとそのサムエル・コッキング苑内に

あるものだったのです

それはその苑内に入らないことには行けないわけですよねぇ

いゃ〜リンクを貼ったのでそちらを見ていただければ

分かると思いますが、両方とも同じサイトに書かれているけれど

それぞれが別ものだと思い込んでいたんですよね

それにしてもツイキャス生中継の最中に本気で迷っているって

恥ずかしすぎますよねあせあせ(飛び散る汗)

まぁ珍道中の神様の仕業ということにしておきましょう

サムエル・コッキング苑の綺麗なお花を見るのもそこそこに、

江の島シーキャンドルへと急ぎました

そうしたら、ほら見て下さい

DSC_3602.JPG

夕日の色が海に映って夕焼け色の水平線になっているんです

こんな海を見たのは初めてでした

迷っていなかったら目にすることが出来なかったかもしれない

そう思うと珍道中の神様からの

プレゼントだったのかもしれませんよね

江の島シーキャンドルの上からもツイキャスが出来て、

360°の眺望を生中継でみなさんにお届け出来たんですよ

録画ですが、この日最後のツイキャスを是非ご覧いただきたいです

それでは360°に広がる美しい景色をどうぞ

ツイキャスK 360°海☆

いかがでしたでしょうか?

夕暮れ時の美しい海でした

迷った後だけあってとても素晴らしいご褒美となりました

ガラス張りの展望室から屋外デッキへとさらに上へのぼりましたよ

風が強くて寒くても、この一番高い所からの

絶景を見ないなんてもったいない


DSC_3606.JPG

DSC_3611.JPG

こんなに綺麗な景色が見られるなんて、

この取材旅行をさせていただいていなければ

きっと見られなかったですよね

この景色をしっかりと目に焼き付けました

ツイキャスはこれで終わりでしたが、この後

サムエル・コッキング苑の写真も撮りました

DSC_3614.JPG

DSC_3615.JPG

とても気品のある植物園でした

江の島シーキャンドルに辿り着くことばかりで、

肝心のその写真を撮るのをすっかり忘れていましたもうやだ〜(悲しい顔)

あぁ残念

この後は下へ下へと戻って行ったわけですが、

エスカーはのぼり専用なので帰りは階段をおりて

戻りました

そして、しらすパンケーキを食べに向かっているツイキャス中に

行列の出来ていたとびっちょしらす問屋さんの弁財天仲見世通り店で

食事をしました

社長と魅那は丼ものをオーダーしていましたが、

近くの席の人が食べている丼ものが顔よりも大きかったので

私は食べられないなと思って、しらすパンやしらすたまご焼きなどの

一品料理をいただきました

DSC_3616.JPG

こちらがしらすパンです

もちもちのパンの中にしらす&チーズが入っていました

あたたかくてチーズもとろ〜りで美味しかったですよ

食事の後にお土産も買って夜の海を眺めながら

片瀬江ノ島駅まで歩いて、そして帰りましたとさ

観光しているようでありながらも

これもお仕事のひとつですから、

しっかりやろうとはしているのですが

まだまだ至らない点ばかりです

でも、まずはまたこうして遠出出来るまで体力が

戻ってきたことに感謝

ここまで回復出来たのは応援していて下さるみなさんの

支えがあったからなのです

本当に感謝しています

ライヴもですが、この旅・珍道中の再開も

ずっと楽しみにしていたので

何とか再開出来てよかったです

この江の島の旅も私の人生の中の大切な思い出として

しっかりと刻まれました

文字中心のブログで旅のことがみなさんにどこまでお伝え出来たか

分かりませんが、この旅のブログを通して

みなさんに楽しんでいただけたり、江の島に行ってみたいなと

思っていただけていたら嬉しいです

3日間ずっと旅の長いブログを読んでいただいたので

目がお疲れなのではないかと思います

目を休めてあげて下さいね

また今後もこの旅のシリーズは続いていきますので、

私のバンド活動も、旅・珍道中も楽しみにしていて下さい

たくさん笑ってはしゃいで42,228歩も歩いた江の島の旅でした

最後まで読んで下さってありがとうございました



Koto
この記事へのコメント
42000歩以上も歩いたんですね
相当に体力が回復してきている証拠ですね

シラスずくしの食事だったんですね

私も江の島は何度も行ったことがありますが、こんなに楽しい旅になるとは、さすがはcotoさんですね

次回の旅を楽しみにしています
Posted by ターロン at 2014年04月30日 12:11
ターロン 様

こんにちは(*^^)v

食べ物のために歩いたようなものですね(笑)
江の島は、まだまだ美味しいものや
素敵な場所がたくさんありそうなので、
また行きたいなと思いました(^_^)
今後もこうして旅を通して
新たな発見や出会いがあるのかと思うと
ワクワクします(*^_^*)
ターロンさん、ツイキャスもブログも
見ていただいてありがとうございました(^_^)v
Posted by Koto at 2014年04月30日 15:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: