2020年01月05日

映画制作も大変なんだなぁと

みなさん、こんばんは

今年初の日曜日ですね〜

お正月のお休みが今日までで明日から仕事始めの人は

お仕事のことを考えるとちょっと憂鬱になっちゃいますか?

しばらくの間休むとリズムを取り戻すまでに

時間がかかりますよね

私は録画してある映画や去年12月に最終回となったテレビドラマ、

年末年始のスペシャル番組をまだ見られていなくて

少しでも見進めていかないと新ドラマも始まるので

録画物がたまる一方です

映画と言えば、最近は映画館で映画観賞をする人が

減っているのだそうですね

その理由の中でビックリしたものがあります

長時間座っていられないとかスマホを長時間見ないことができない

ということです

若い世代や子どもたちは姿勢を保つ体力があまりない

ということをきいたことがありますが、

そういうことなのでしょうか?

長時間といっても2時間とか2時間半ほどだと思うのですが

その間にスマホを放っておくとラインなど人からの連絡を

見られなくて返信もできないため、仲間外れにされたり

いじめられることに繋がるとか

スマホをいじっていないと何だか落ち着かないとか

不安になるということのようですね

映画はDVDなどで好きな時に一時停止できて

好きな時にまた観賞を再開できるスタイルが

楽なのでしょう

迫力ある映像と音声を楽しめるのが映画の良いところだと

思いますが、それよりも自分のタイミングでという人が

増えているのでしょうね〜

映画館に足を運ぶ人が減ると見込める興行収入も

減りますから映画を制作する関係者の方々は大変ですね

なんてことを思ったので書いてみましたが

じゃあ私はよく映画館に行くのかと言えばほぼ行かないですからね

人それぞれの楽しみ方でこれからも映画を楽しみましょう





Koto
posted by Koto at 00:09| Comment(0) | Kotoの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする