2018年03月16日

ライヴを終えて

おはようございます

今朝は曇り空です

これからお天気が崩れるみたいですね

ライヴ当日は待機時間も多かったりで長い1日のように

思えるのですが、やっぱりあっと言う間なんですよね

14日のライヴもそうでした

楽屋では何通りか衣装を持って来ている出演者さんが

どれを着ようか迷っていて、「こっちの方がライヴ衣装っぽいかも」

なんてお話したり、アコギを奏でて癒しを与えてくれる

出演者さんがいたりと和やかでした

そうそう、新潟出身の出演者さんからききましたけど

やっぱりお米が大好きでお米の味には詳しいようですね〜

水も違うと言っていました

コンビニのおにぎりも新潟のものは美味しいらしいですよ

さすが米どころ新潟ですね

と、こんなお話をしたりも

年齢層幅広く、みんなそれぞれに音楽が好きで

熱意を持っていて刺激をいただきます

ライヴ中のMCは自分だったらこんなにちゃんと

喋れないなぁなんて思ったり、歌詞から情景を

思い浮かべたりしながらライヴを聴いていました

さて、WaFFlyDaizyのライヴはと言いますと

こんな感じでございました


IMG_20180314_221823.jpgIMG_20180314_221744.jpg

IMG_20180314_215943.jpg

IMG_20180314_220721.jpg

IMG_20180314_221337.jpg

人数が減ってステージ上のスペースができたので

もちろん演奏第一ですが動きも激しめにという

指示があったので6人体制でのライヴの時よりは

たくさん動きました

翌日にかなりの疲れを感じましたね〜(^_^;)

ギタリストの幡手さんも汗が滴り落ちるほどに

激しく動いてくださっていて

もちろん演奏も素晴らしくて、

ご自分のバンドではないのにこんなにもしていただけて

本当にありがたいなと感じました

私は体力、スタミナがもっと要るなと・・・

動くと普通の体勢よりは演奏面でのリスクが

高まるんですよね

それは承知の上でやるわけですが、その楽器や

個々の体の使い方から動いて演奏しやすい動き?

ちょっと伝え方が変ですが、動きとして見なされて

演奏にも支障が出にくい姿勢というか

そういうことをリズムレッスンでも教えて

もらっているので、それももっと研究しようと思いました

動いたせいで演奏がダメになってはいけませんからね

慢性的な疲労を取り除き、1回1回のライヴの精度を

もっとアップさせ、ライヴ後に感じる疲れを最小限に

したいと思うのでした

ブログ後半はつまらない内容だったと思いますが

ただ「楽しかった〜」「よかった〜」と

毎回のライヴを終えるだけでは

何の進歩もしませんからね

最後まで読んでくださってありがとうございました

またライヴDVDを見たりもしながら研究していきます





Koto
posted by Koto at 08:29| Comment(0) | Kotoと音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする