2017年07月09日

葦の恩恵にあずかって

おはようございます

ブログを読んでくださっているみなさん

ありがとうございます

サックスを演奏するにはリードが欠かせないのですが、

私はこれまでに一体何枚のリードを

使ってきているのかなぁ?と

ギタリストやベーシストのみなさんはピックや弦を、

ドラマーのみなさんならスティックをどれだけ

使っているのかな?と思ったりするかもしれませんね

いくら楽器は立派だとしても、リードを取り上げられては

音が出せないので本当に大切な存在です


j4rEkeX.jpg


材質は葦という植物なんですよ〜

これは使ううちに劣化してしまう消耗品なのです

劣化しにくい樹脂素材などの人工のリードもあって

私も昔に試しに使ったことはありますが、基本的には

ずっと葦のリードを使っています

新しいリード全てが良く鳴るリードというわけではなくて

当たり外れと言っていいのか分かりませんが

1枚1枚違うんですよね

植物が材質ですから、ばらつきがあるものなんです

鳴りの良いリードもいずれはダメになりますから、

自分で音を聴いて判断しないといけません

せっかく良いリードを見つけてもずっとは

使えないんですよね

見極めが大切です

最初からイマイチなリードはサンドペーパーで削って

調整すれば鳴りやすくすることもできますが

失敗の危険性も・・・(^_^;)

音の要のリードは何とも奥深いものです

私は長く植物と一緒に音を奏でているんですね

葦の恩恵にあずかっているのです

葦に感謝





Koto
posted by Koto at 08:41| Comment(2) | Kotoの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする