2017年05月01日

レコーディングが終わりました

おはようございます

昨日はサックスのレコーディングを

外部スタジオで行いました

以前のサックスレコーディングでも、ドラマーの藤崎誠人の

ドラムでコーディングでもお世話になった

STUDIO PASTELさんで録りと撮りのダブルのトリでした

撮りの方は写真スタッフの小原博子が担当してくれて

レコーディングの様子を写真撮影してくれました

ありがとう〜

しばらく振りのレコーディングでしたが

場所はこれまでと同じSTUDIO PASTELさんでしたから

変に緊張したりはしませんでした

レコーディングは田村社長が全て行ってくださり、

社長のアシスタントを藍樹魅那が担当してくれました

ありがとうございました

スタジオに持ち込んだ機材は事前に動作確認を

してあるのに、何故かRECボタンを押しても反応しない

というトラブルが何度か起こりまして、

全員それはないよ〜という感じでした

このボタンが効かなければ何をどうやっても

録音できませんからね(^_^;)

でも、何とか2曲録り終えられました

限られた時間内に終わらせられなかったら

どうしようと前日にも考えていたのですが

時間超過せずに早めに終わってよかったです

昨日の写真をどうぞ〜

IMG_20170430_151822.jpg

STUDIO PASTELさんの外観です


IMG_20170430_151826.jpg

セッティング中の社長と魅那と

その様子を撮影している博子


IMG_20170430_151830.jpg

音源を流しながらコントロールルームの機材を

調整中の社長



IMG_20170430_151834.jpg

IMG_20170501_070804.jpg


こちらでひとり籠って演奏していました


IMG_20170501_070600.jpg

IMG_20170501_070724.jpg

時間がたっぷり余ったのでレコーディングの後の

記念撮影もしました

いつもライヴでワイヤレスマイクを楽器のベル部分に

つけて自由に動きながら演奏してしていますが、

レコーディングだと有線の固定マイクが前にあって

立ち位置をきっちり決めて動かずに演奏するので

演奏しづらいんです(>_<)

体を動かせないってこんなにも大変なんだと

思うほどで変に力が入ってしまうんですよね

ちゃんとマイクに向けて演奏できているかも

目で確認しながらなので視覚的な圧迫感と

目の疲れもあったりします

こういった点がワイヤレスマイクとは違うので

勉強になります

どういう状況でもいつも良い演奏ができるように

これからも練習を重ねていきます

STUDIO PASTELさん、大変お世話になり

ありがとうございました

またしばらくはサックスのレコーディングは

無いそうですが、CD制作を進めているので

そのうちにまた出番が回ってきます

今日は長めのブログとなりましたが

最後まで読んでくださって

ありがとうございました


IMG_20170501_070534.jpg



Koto

posted by Koto at 08:33| Comment(3) | Kotoと音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする