2016年04月02日

音を刻むもの

おはようございます

一昨日のブログにチューナーやメトロノームのことが出て来ましたよね

ブログを書いていたらメトロノームの懐かしい思い出が

蘇ってきたりして、思えば子どもの頃からのお付き合いだな〜と

メトロノームは設定したテンポで一定に音を刻んでくれるものです

よく学校で使われているのは、振り子型メトロノームですよね

音楽をやっていないみなさんも音楽室で見たことが

あるのではないでしょうか?

他には電子メトロノームがあります

昨日載せたチューナーとメトロノームが一緒になっているものも

この種類ですね

私はサックスを始めるずっと前から、振り子型のメトロノームに

お世話になっていました

ピアノを習う時に必ず必要なものの1つがメトロノームですからね

アップライトのピアノの上には薄ピンク色の

振り子型メトロノームを置いていました

基礎練習、曲の練習と何を弾くにもテンポに合わせて

ずれないように練習

最初はゆっくりめのテンポから練習

それが出来るようになったら指定されたテンポで弾けるように

曲によってはテンポを遅らせていくようにとか

テンポに関する指示がありますから、その場合は別ですけどね

ピアノの先生が楽譜に次までの宿題を書き込みます

大体、基礎練習はイジワルというか何というか・・・

ゆっくりの時はいいのですが、指定されたテンポに近くなってくると

指がもつれそうになったり、テンポとずれたり

あぁもう出来ないっ!なんて文句も出てきてしまいます

メトロノームはただただ一定に音を刻んでいるだけで

何も悪くないのにメトロノームにイライラの矛先が向くんですよね

あっ、だからと言って壊したりはしていないですよ

そんな練習も今では懐かしいです

やっぱり電子メトロノームには出せないあたたかい

カッ、カッ、カッ、カッというあの音がいいですよね〜

中学、高校での吹奏楽部での活動でも振り子型メトロノームに

たくさんお世話になりました

部で持っているたくさんのメトロノームの中には

会ったことのない先輩の名前やニックネームが

書かれているものもあって、その先輩が自分で買って

使っていたものを後輩たちにと置いていってくれたのかも

しれませんし、サインみたいな感じで名前を

書き込んだのかもしれません

そして落したり壊れ気味だったりして音を一定に刻めていない

ものもありましたね〜^m^

メトロノームとしてはNGなんですけど、

でも捨てられないんですよね

高校の吹奏楽部の顧問の先生は、巨大な振り子型メトロノームを

持っていて、それを教卓の上にど〜んと乗せて

全員でそれに合わせて基礎的なことの合奏をしました

もちろんいくら大きなメトロノームでも全部員が音を出せば

メトロノームの音は聴こえませんから振り子を目視しての合奏です

こげ茶色の木の作りのメトロノームで、音も良くて

あれを初めて見た時には驚きましたね〜

と、そんなことを思い出したもので

ブログに綴ってみました

振り子型メトロノームのことばかり書いていますが、

電子メトロノームのいいところはテンポ数値を1ずつ

細かく設定できるところですね

おっと長くなってしまったので、今日はここまでです〜

最後まで読んでいただいて

ありがとうございました




Koto
posted by Koto at 08:24| Comment(2) | Kotoと音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする