2016年02月23日

長野遠征の思い出

こんばんは

またまた夜に出て来ました〜

長野でのことを少しでも早く綴っておきたかったので

夜にパチパチとブログの更新です

WaFFlyDaizyの初の長野遠征では人のあたたかさ、

音楽の素晴らしさを感じて帰って来ました

今回のライヴは田村社長がライヴハウスのスタッフさんと

PAをしてくださっていましたし、ステージにはスーパーギタリストの

NORIZOさんもいてくださいました

演奏しやすい音作り、そしてお客様へ届く音を少しでも良い音にと

クオリティの高いものにしてもらいました

ライヴ本番中、目の前には 対バンさんを見に来ていた

お客様がWaFFlyDaizyのライヴも見てくださって

盛り上げてくださっていたり、出演後で休憩のひとつもしたいところを

初対面の私たちを身を乗り出してまでも応援し見守っていて

くださった対バンのみなさんのお姿が

私たちがこんなにもあたたかく迎えられ親切にして

いただけたのは、長野にご縁繋いでくださったNORIZOさんの

お人柄あってのことです

今回のライヴに出演したAnswerさんは大変残念なことですが

ドラマーさんがぎっくり腰となり演奏できなくなったので、

WaFFlyDaizyの最終リハがあった日の19日にNORIZOさんが

ドラムでの出演をすることになったのです

何と急な

当日のサンウドチェックで初めて一緒に音楽をやって、

もうライヴ本番ですよ

Answerさんは25年ぶりの再結成、そして1曲だけドラムで

出演なさったライヴはありましたが本格的なドラム演奏での出演が

これまた25年ぶりとなるNORIZOさんとの奇跡のコラボの

貴重なライヴとなりました

私たちもまだまだ下手ながらも熱い気持ちでライヴを

していますから、出演したバンド全てが全身全霊で

熱く音楽をしたとても素晴らしいライヴとなりました

また、打ち上げの時にも長野のみなさんのあたたかさ、

そして音楽へ向ける熱意を感じました

陽気に笑いながら盛り上がる中でも私は大変重みのあるありがたい

お言葉をいただきました

「音楽は一生ものだから」と

本当にその通りだなと感じました

音楽が繋いでくれたご縁、これから新たに繋がってゆく

ご縁を大切に、これからも音を奏でてゆきます

長野でのライヴにお越しくださったお客様、

長野遠征を応援してくださったみたさん、

ご協力くださったみなさん、WaFFlyDaizyが関わる

全てのみなさん、どうもありがとうございました

それでは、長野への道中や長野での写真をお楽しみください



79517

新宿で合流したNORIZOさんは、ほぼ寝ずに

急遽演奏することになったドラムの確認をなさっていたそうです

それでもこんなにシャキッとなさっています


79572

新幹線に乗る前に撮りましたよ〜


79533

新幹線の車窓からの景色をどうぞ



79562

長野に到着〜

新幹線を降りた時にはそんなに寒くないと思ったけど

段々と冷たい空気で体が少し冷えました


79565

こちらが長野CLUB JUNK BOXさんです

一番後方から撮影してこの感じ

ステージも広ければフロアも広いのです

魅那が急にいつもと違う動きをしても

当たらず安全にライヴが出来るな〜と思いましたね


79576

楽屋にて、スタッフとして来てくれた福田ケイスケと

初の写真撮影〜

私が手に持っているものはお菓子です

常にお腹すいてました

ケイスケは僧侶だとかキョンシーだとか、いじられていました


79581

スタッフとして来てくれた姫唯早矢香に出演前の私たちを

撮ってもらいましたよ


79599

こちらは社長が撮影してくださった写真です

すごいバンドさんたちが出演していて、

お客様も大盛り上がりでしたから

舞い上がらないようにねと魅那に話しました


この後、ステージ上で思いっきり演奏しましたよ

あっ、そうそう早矢香のこの写真をアップしとかないと

写真撮影担当だと撮るばかりですからね

79597

Answerさんのライヴの後、振り向いたら泣いている早矢香が

確かに、心に響くものがありました

最高に盛り上がり、イベント名通りにハードロックNight

となったライヴが終演し、その後は打ち上げに突入〜

79609

お酒が飲めないNORIZOさんが何とお酒を

この居酒屋さんはソフトドリンクを頼んでも

何故かパワーアップしてお酒になって出てきてしまう

システムのようで、注文通りの物は出てこなかったんですよね


79613

お目当てのものとは違ったものが次々に出てくるので

もう一度オーダーするとさらに違うお酒が出てきて

溢れかえり、社長の目の前にどんどんお酒が置かれ

長野のみなさんの熱いおもてなし、すごかったです〜


79605

こうして交流をさせていただけて

本当に嬉しかったです

みなさん、ありがとうございました

私たちのライヴの写真はまだ手元にないので

アップ出来ないのですが、長野での素敵な1日となりました

忘れないうちに、しっかりとこの五線譜に綴っておきましたよ

それでは、良い夢を〜

おやすみなさい




Koto
posted by Koto at 01:05| Comment(5) | Kotoの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

長野にて

長野から、おはようございます〜

WaFFlyDaizyの長野でのライヴは無事に終わりました

初めての地でのライヴ、とっても楽しい1日でした

朝早くから長野に向けて出発したので、

1日が長かったはずなのに あっと言う間の1日でした

「東京からわざわざ来ていただいて」というお言葉を

何人もの方からかけていただいたのですが、

私たちが長野にお邪魔させていただいているのです

どなたからも親切にしていただいて

本当にありがたかったです

お越しくださったお客様、ありがとうございました

寒い長野にお住まいのみなさんのお心はとてもあたたかく、

みなさんの温もりに包まれた中でのライヴでした

また長野でのライヴをさせていただけるように、

これからも練習を積んでいきます

いつも応援してくださっているみなさんは

私たちが遠征をするということで いつも以上に

大丈夫かなぁ?と気にしていてくださったかもしれませんね

お陰様で無事に現地に到着し、ライヴを終えることが出来ました

いつもありがとうございます

対バンのみなさん、初めてお会いしたのに

大変親切にしてくださってありがとうございました

ライヴ中もすごく盛り上げていただきながら

真剣に聴いていてくださいました

演奏やお言葉からみなさんの音楽に対する熱意が

伝わってきました

一緒に楽しいひとときを過ごさせていただきました

長野CLUB JUNK BOXのみなさん、あたたかく迎えていただけて

嬉しかったです

またライヴに出演させていただけるように

これからも練習を重ねていきます

ありがとうございました

ギタリストのNORIZOさん、長野でライヴをさせていただく

機会を作ってくださって、ライヴにも出演していただいて

ありがとうございました

いつもの場所を大切にしながら、色々な場所でのライヴを

していくことも大切だと分かりました

田村社長、今回初めての遠征をさせていただいて

ありがとうございました

次の東京でのライヴ、そしてこの先のライヴも

頑張っていきます

WaFFlyDaizy長野遠征にスタッフとして来てくれた

福田ケイスケ、姫唯早矢香の二人は前日から

ちょこっとトラブルを起こしたりもしたけれど

しっかりサポートしてくれました

ケイスケ、早矢香、ありがとう(^ー^)

魅那、バンドの初の遠征で得たことを

これからに活かしていきましょう

お疲れ様でした


この後はチェックアウトして バンドが新しい一歩を踏み出した地、

長野でお土産を買ったりしながら

思い出を連れて帰京します




Koto
posted by Koto at 08:04| Comment(4) | Kotoと音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

長野に行ってきます

みなさん、こんばんは

この時間ですから、もう寝ている人も多いでしょう

珍しく夜のブログ更新です

早朝に長野へと出発するので、今夜のうちに

ブログを書いていますよ

ロックバンドWaFFlyDaizyのサックスプレイヤーとして

活動をしてきて、初の東京以外でのライヴをしに

行ってまいります

社長は新幹線を使わないで行くことも

考えていらしたようですが、みどりの窓口の人が

新幹線で行く方がお得で早いと

教えてくれたそうで、新幹線で行くこととなりました

これまでの東京でのライヴも1回1回大切にしてきましたが、

今回の長野でのライヴはバンドとしての新たな一歩なのです

ライヴにいらしてくださるお客様、

応援してくださっているみなさん、

WaFFlyDaizyに関わる全てのみなさんへの

感謝の気持ちをこめて演奏して来ます

出発から帰って来るまでがライヴですから、

ライヴが終わってホッとせず、その後も気を引き締めて

行動したいと思います

もちろん楽しんで来ますからね〜

では、早起きして行って来ます

みなさん、おやすみなさい




Koto
posted by Koto at 00:12| Comment(4) | Kotoと音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする