2015年11月25日

藍樹魅那について

おはようございます。

昨日、所属事務所の社長からのWaFFlyDaizyの藍樹魅那についての

発表がありますので、下記をご覧ください。


弊社所属のWaFFlyDaizyのボーカリストで社員の藍樹魅那の

事について事務所として発表する事がございます。

本人のたっての希望で、本人からではなく私の方からの

発表とさせていただきます。

日頃からWaFFlyDaizy、そして藍樹魅那の事を応援して

下さっている皆様、誠に有難うございます。

藍樹魅那は実は生まれながらにして脳に障害を持っています。

その為日常生活や仕事においても多々支障をきたしながらも、

頑張ってそれを乗り越えて参りました。そして私どもはそんな藍樹魅那を

一切特別扱いせず、通常の健常者と同じように扱い、

叱咤激励して参りました。しかし先日、藍樹魅那はその脳の障害を

起因とした虚血性脳障害に陥り、死の一歩手前まで行くところとなりました。

私の秘書としてほとんど四六時中一緒に居ますので、その異変に

私がいち早く気付き、病院へすぐさま搬送した事により、

命には別状はなく仕事にも復帰しております。もし、あと半日搬送が

遅れれば命を落としていたと医師からもハッキリ言われました。

しかしながら、その虚血性脳障害の後遺症として右半分の顔面マヒと、

若干の右半上肢マヒいう障害が残ってしまいました。

食事をしても右半分の唇からこぼれ落ちてしまいます。水分を飲む際も

口を抑えないと右半分からこぼれ出してしまいます。

また、若干の顔の歪みも

残ってしまいました。まだ若い女の子ですし、食いしん坊の藍樹魅那です。

そして顔が商売道具の仕事もしています。そのショックは

計り知れません。

しかし、すぐに仕事も復帰して明後日のライブも予定通り行います。

顔面マヒの影響で、違和感から歌いづらい事もあるでしょうし、

お客様の皆様には万全のパフォーマンスを

お見せできないかも知れません。

しかし、本人は「絶対に乗り越える!」と申しております。

私どもも、彼女を支え、共に闘いながら頑張って行きますので、

皆様どうぞ、これからも引き続き彼女の事を、そしてWaFFlyDaizy、

また弊社事務所を温かく応援の程、宜しくお願い申し上げます。



平成27年11月24日
オフィスRay代表
Vezastar Sound & Art Planning代表
田村 光



事務所社長からの発表の通り、一緒に活動しているWaFFlyDaizyの

メンバーの藍樹魅那は病気による顔面麻痺という障害が

残ってしまいました。突然のことで驚きましたし残念でなりませんが、

一番辛いのは魅那本人です。魅那はこれからも音楽も仕事も続けていく

決意なので、私も出来ることはサポートしていきます。

みなさんからの応援が何よりの元気も源だと思いますので、

これからも魅那を応援していただけたら幸いです。

みなさん、どうぞよろしくお願い致します。

昨日はスタジオリハーサルを行って明日のライヴも出演する予定です。

昨日、ツイッターで魅那のことをお伝えしましたら

魅那へのあたたかな励ましのお声をいただきました。

優しいお気持ちを届けていただいたことに感謝をしています。

ありがとうございます。




Koto
posted by Koto at 08:26| Comment(3) | Kotoと音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする