2015年08月11日

怪獣のバラード

みなさん、おはようございます

先日、稲城子どもミュージカルさんのミュージカルを観に

府中の森芸術劇場に行きました

建物の手前にある広場にも館内にも中学生でいっぱいで、

何だろう?と思ったら合唱コンクールがあったとのことでした

学校ごとにかたまっていて、喜びの笑顔や拍手があがっているところは

きっと優勝したり、良い成績だったんだろうなと思いながら

見ていました

その日、公演のあった稲城子どもミュージカルのみなさんも

そうですが、ここにいる全てのみなさんは その日のために

練習を重ねてきたんだなと思うと胸が熱くなりました

校内でのものですが文化祭の時にクラスごとの合唱の発表が

あって、1年生の頃にはクラスの男子1人と一緒に合唱委員として

練習内容を考えたり、クラスをまとめたりなんてことも

やっていたなぁと記憶が蘇ってきました

音楽の先生が提示する何曲もの合唱曲の中から「怪獣のバラード」を

歌うことに決まり、指揮者やピアノ伴奏をする人を選び

音楽の授業と放課後の練習

みんなちゃんとやってくれなくて大変で、

ソプラノ、アルト、テナーのパートごとの練習を見回ったり

全体練習では歌っていない人にしっかり歌ってもらうには

どうしたらいいのか悩みましたね

練習日誌みたいなものも書いて提出しなきゃいけなくて(>_<)

言われるがままにやるのと違って段取りを立てて

取り仕切るのは難しいなとしみじみ感じましたね

他の合唱曲とちょっと違った感じの曲だったので

それもまた難しくて

あっ、よかったらネットで調べて聴いてみてくださいね

最後が「やーっ!」の掛け声で終わるのが印象的です

みんながヤル気を出してくれて頑張ったので

段々と合唱らしくなり、金賞をとりましたよ

金賞は学年で1クラスだけがとるものではなくて

何クラスかとっていましたから、一番というわけでは

ありませんでしたけど嬉しかったなぁ〜

文化祭が近づくとこの合唱練習と吹奏楽部の文化祭の演奏の

練習ですごく大変だったけど楽しかった

部活の後には部活の友だちみんなで色々な合唱曲を

歌っていましたよ

授業中に音楽室からは他のクラスの合唱曲も聞こえてきますから

覚えちゃうんです

音楽をやっている部活ですからみんな全パート

すぐに覚えますよ

「時の旅人」も好きだったなぁ

さぁ今日は「怪獣のバラード」を口ずさみながら

仕事に行って来ます〜




Koto
posted by Koto at 08:25| Comment(2) | Kotoと音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする